コーヒーで健康に!?コーヒーを飲み続けると健康になる9つの理由

多くの人は1杯のコーヒーと共に一日をスタートするでしょう。そんな身近なコーヒーですが、体に良いって聞いたことがありますか? 実は、数々の研究がコーヒーは朝あなたをさっぱりと元気づける以上の効果があることを明らかにしています。 今回は、そんなコーヒーと健康についてご紹介いたします。今飲んでいるそのカップのコーヒーを飲むのを忘れないで下さいね!

コーヒーを飲むと健康になる9つの理由

1.エネルギーレベルが向る


コーヒー以上に、疲れた精神と気だるい身体を元気付けてくれる物はありません。
それは、コーヒーが精神に作用する成分(それはまた1番摂取される成分でもある)カフェインを含むからです。
それでは、正確にはどのようにして、カフェインは私達を新鮮な感覚にするのでしょうか?
あなたがコップ1杯のコーヒーを飲むと、カフェインは即座にあなたの血流の中に吸収されます。
そしてそれは、神経伝達物質を妨げるアデノシンが遮断した、あなたの脳へと届きます。
それは、ドーパミンとノルアドレナリンの生産量を増やし、脳内の神経細胞の活発な活動を引き起こし、気分、エネルギーレベル、頭の回転を向上させます。
多くの研究が、コーヒーを飲むことは、 頭の回転力を高め、より良いエネルギーレベル及び反応速度へと導き、記憶力も向上させると示しています。
そう、ですから、次に自分が仕事で集中するのに苦労していると気付いたら、コーヒーの自動販売機へ向かって下さい!

2.脂肪の燃焼を助けます


あなたが次にスーパーマーケットに行く時、ちょっとした運動をして下さい。
売られている脂肪燃焼サプリメントを、何でもいいので3つ手に取って、その製品ラベルを読んで下さい。
おそらくあなたは、少なくとも3つの内2つの製品ラベルで、カフェインを確認するでしょう。
カフェインは実は脂肪の燃焼を助ける数少ない天然成分の1つです。このことから、ほとんど全ての脂肪燃焼サプリメントはカフェインを含みます。
研究は、カフェイン3%~10%代謝率を上昇させるという結果を示しています。この方程式は単純で、より高い代謝作用は、より多くのカロリーを燃やします。
他のいくつかの研究もまた、カフェインの摂取は脂肪燃焼を、標準BMI(肥満度指数)の人では29%、
BMIが肥満のカテゴリーに陥っている人では10%増加させてくれることを明らかにしています。
カフェインの脂肪燃焼を助ける能力は反証出来ないものでありますが、上記の研究は長期間コーヒーを飲んでいる人に対して行われたので、
その効果はすぐに明らかにはならないかもしれません。

3.身体的なパフォーマンスを向上


カフェインは神経系に刺激を与え活性化する効果を持ち、脂肪細胞に体脂肪を分解する指示を出します。
活性化した脂肪細胞により、貯蔵脂肪は分解され、分解された体脂肪は、身体が燃焼として使用する遊離脂肪酸として、血流に入り込みます。
カフェインはまた、高強度の力を発揮する為に身体を準備する、アドレナリンの生産を誘発します。
このような理由から、研究がカフェイン摂取後に身体的なパフォーマンスが10%強、増大すると示していることは全く驚くべき事ではありません。
ジムに行く30分前にコーヒーを飲んで、あなたのパフォーマンスが自然に向上するのを確認して下さい。

4.必要不可欠な栄養素を提供する


コーヒーは、上記の利益を提供することは別として、多くの重要な栄養分を含みます。
・ビタミンB5(1杯のコーヒーは推薦された栄養所要量であるRDAの6%をあなたに供給します。)
・ビタミンB3(1杯のコーヒーはRDAの3%をあなたに与えます。)
・ビタミンB2(コーヒー1杯でRDAの11%が得られます。)
・ビタミンB5(コーヒー1杯でRDAの6%が得られます。)
これは、コーヒー一杯はこれらの成分をたくさんの量は供給しないように見えるかもしれません。
覚えておいて欲しいのは、あなたが一日に数回コーヒーを飲めば、この数値がすぐに追加されるということです。(そしてそれは大部分のコーヒーを飲む人が実際にすることです。)

5.糖尿病にかかる可能性を減少


世界中でおよそ3億人の人々が2型糖尿病にかかっており、世界の大部分の地域で大きな健康問題になっています。
現在理由は明らかになっていませんが、コーヒーを飲んでいる人は2型糖尿病にかかる可能性がかなり低いという証拠があります。
この問題の対して行われた大部分の研究が、日常的にコーヒーを飲む人は2型糖尿病にかかる可能性が平均20%~50%低い事を示しています。
ある研究は、コーヒーを飲む人は、67%ほど可能性が低いことを記録しました。

6.アルツハイマー病にかかる可能性を下げる


アルツハイマー病は主に65歳以上の人がかかる病気で、最も一般的な神経変性疾患です。アルツハイマー病の治療法はまだ見つかっていません。
しかし、健康的な食習慣と定期的な運動はアルツハイマー病にかかる可能性を減少する援助になります。そして、毎日コーヒーを飲むこともそうです。
何故そうなのかは充分に説明されて来ませんでしたが、コーヒーの摂取とアルツハイマー病にかかる危険性がより少なくなることの関連性は存在します。
研究で、コーヒーを定期的に飲む人は、アルツハイマー病にかかる危険性が65%ほど低い事が発見されています。

7.パーキンソン病にかかる可能性を下げる


最も多い神経変性疾患のアルツハイマーについては既に記載しましたが、次にくるのが、ドーパミンで生成されるニューロンの数が減少するパーキンソン病です。
アルツハイマーと同様にパーキンソン病の治療方法もまだ発見されていません。したがって、大切になるのはその予防です。
実験によってコーヒーを飲む人はそうでない人と比べてパーキンソン病にかかるリスクが30%から60%下がるという結果が明らかになりました。
別な実験でカフェインを除外したコーヒーを飲んだ被験者からはリスクを低減するという結果にならなかったので、この原因となっている物質は
カフェインだと考えられています。

8.肝臓を守る


肝硬変は、死に至ることもある深刻な病気です。そして、コーヒーが肝硬変のリスクを低減するという実験結果があります。
毎日四杯以上のコーヒーを飲む人は肝硬変になるリスクがコーヒーを飲まない人に比べて80%も少ないということが明らかになっています。

9.一部のガンになるリスクを低減する

Drop falling into a cup of coffee. On a wooden background; Shutterstock ID 75941575; PO: aol; Job: production; Client: drone


ガン以上に死とつながっている病気はありません。コーヒーは、3番目に死者を出している肝臓ガンと4番目の直腸ガンの予防になるようです。
実験の結果により、コーヒーを毎日飲む人は肝臓ガンになるリスクが40%、直腸癌のリスクが15%減るということがわかりました。
一日に1杯から2杯のコーヒーでは効果がないかもしれませんが、4杯から5杯飲むと効果があります。

さいごに

こうしたコーヒーの健康に対するメリットがあれば、もっとコーヒーを飲みたくなるでしょう。
しかし、もし一日に3、4杯のコーヒーを飲んでいるのであれば注意するべきことがあります。
まず、カロリーを摂り過ぎないようにクリームは少量か入れないようにしましょう。
次に寝る前の8時間以内にはコーヒーを飲まないようにしましょう。他の健康管理の中心となる、睡眠の質を犠牲することは望ましくありません。