健康的な毎日に。今すぐオーガニック食品をオススメする12の理由

より健康的な生活を送りたいという消費者はオーガニックの食べ物を食べるようになっています。 オーガニック食品は、化学物質は農薬が使われている他の食品よりも健康的な選択肢です。 今回は、今日からオーガニック食品を食べ始めるべき理由について紹介します。

1.自分と家族にとって安全


農家では、生産性を高めるために農薬と化学物質を使っています。
こうして作られた食べ物は子供の免疫システムを弱め、アレルギーや集中力の欠如を増進させる危険があります。
オーガニック食品を選べば、化学物質を完全に避けることができます。
さらに、オーガニック食品には、抗酸化成分やビタミン、ミネラルが豊富に含まれているので、あなたと家族にとって、よりよい食品だと言えるでしょう。

2.栄養成分が多く含まれています


オーガニックのフルーツや野菜には、体をきれいにしたり毒素を取り除いてくれる栄養が含まれています。
化学物質が多く含まれている食べ物を摂取するのをやめれば、免疫が強化され、より健康的な体になるでしょう。

3.病気の予防

オーガニック以外の食品の生産者は、長持ちして、見た目も味も良くなるように防腐剤を使用しています。
一方でオーガニック食品の生産者は、消費者が自然なままの栄養をそのまま享受できるように環境的な方法で生産しています。
オーガニックでない食品には、糖分や脂肪、化学物質が多く含まれており、近年、癌やアルツハイマー、先天性疾患といった病気と関連付けられてきました。
EPA(アメリカ合衆国環境保護庁)は、60%の雑草除去剤は癌の原因となると明らかにしました。
オーガニック食品はこうした化学物質を含んでいないので、先の挙げられたような病気にかかるリスクも少ないと言えます。

4.環境に優しい


農薬や化学肥料を使用している生産者は、消費者にも環境にも危険を与えてしまいます。
これらの化学物質は、私たちが口にする食品だけでなく、土壌や周辺一帯や水にも影響を与えます。
さらに、今日のオーガニック食品の生産者の数は比較的少ないです。
オーガニック食品を消費することで、そうした小中規模の生産者が、利益偏重の生産をする大企業との競争で生き残っていけるように保証してあげることにもつながります。

5.農業による汚染を食い止める

多くのオーガニック食品の生産者は、生産の過程で土壌侵食が生じないようにしています。
農薬や肥料を使用せずに生産するので、鉛や余分すぎる農薬が土壌に吸収されることはありません。
土壌から流出し水に混ざった農薬は、川や水域に流れ込み、全体的なバランスに影響を与えてしまいます。

6.よりよい味のために


オーガニック食品はそれ以外の食品より自然の美味しい味がします。
農作物の生産者は通常、化学物質や農薬をつかって食物の中のバクテリアを殺します。
しかし、フルーツや野菜に含まれている全てのバクテリアが有害というわけではあいません。
実際のところ、バクテリアは農作物が成長している際に、より良い品質に育つように助けており、これにより自然で美味しい味になるのです。

7.よりよい品質のために

オーガニック食品は他のものに比べて品質も良いです。
これは、オーガニックでない食品がオーガニック食品と偽って販売されないように、測定基準が厳しくなっているからです。
これによって、食品がオーガニックの認証基準に従って生産されたことが証明されます。
この品質基準をクリアしたマークが消費者にとって、その食べ物が健康によいという証です。

8.抗生物質を効果的にするために


年月が経つにつれ、害虫を抑えるための化学物質の効果が弱まっています。
これの原因は農家が使っている化学物質の量が増え、最終的には私たちの口に入ってくることです。
一方でオーガニックで育てられた畜産物は抗生物質や成長ホルモンを与えられていません。
こうして使用された抗生物質は動物の体に蓄積されており、肉や牛乳を口にすることで私たちの体に吸収されます
そして、抗生物質や成長ホルモンは人間の体からは排出されず、結果として抗生物質への耐性ができてしまいます。
これを防ぐためにもオーガニック食品を選びましょう。

9.土壌侵食を防ぐ


土壌に吸収された大量の化学物質によって土壌中の微生物が死滅します。
こうした微生物は土壌の性質を守り、植物が健康的に育つようにしています。
オーガニック生産者は土壌に害を与えないような耕作方式をとっており、土壌の侵食を防いでいます。

10.穀物の多様性

オーガニック農作の特徴は輪作と飼料作物です。輪作には、主な作物でない作物が生産されている際に害虫を排除するという効果があります。
従って多くのオーガニック生産者は複数種類の種を育てているのです。
穀物の多様性は食物の幅を広げ、害虫を減らし、害虫の耐性がつかないようにし、土壌の構造と産出力を高めるために重要です。

11.生物多様性


オーガニック生産によって、生物多様性が守られています。多くのオーガニック生産者が混作と畜産を合わせて行っています。
これにより、オーガニック以外の生産と比べて、より多くの種類が守られています。
害虫予防の問題の一つの原因は、遺伝的な多様性の欠如です。
これは各植物が害虫のようなストレスにおこす反応はそれぞれの遺伝情報によって様々なことが原因です。
遺伝上の多様性が多い時にはこのストレスに対する反応の多様性もさらに幅広くなります。
オーガニック生産者によって実践されている生物学的な土壌の産出力と害虫の管理手法は生息地と植物の多様性を高めます。
こうした手法には、間作、輪作、緑肥、堆肥があります。

12.農業に対する感謝

食事を取らずに一日を終える人がほとんどいない一方で、生産者がどのように食物を育てているかを知っている人は非常に少ないです。
また、スーツを着て空調の効いたオフィスワークをするような仕事と比べて、農業を仕事として捉える意識も少ないです。
オーガニック生産者は高品質な食品を生産するために、この時間のかかる健康的な生産方法を実施しています。
従って、オーガニック食品を食べることで生産者が私たちと環境のために行っていることに感謝を表しましょう。