美味しく野菜を食べられる15のベジタリアン料理

野菜には多くの栄養が含まれていますが、皆さんは毎日摂取していますか?現代人は、忙しく1日の野菜の摂取カロリーが不足している人も多いそうです。また野菜はちょっとという方のために今回は、おいしく野菜が食べられる15のベジタリアン料理をご紹介いたします。

#1 ヴィーガンポットパイ


普通のポットパイはとてもカロリーが高いですが、こちらはポットパイの中身をビーガンバージョンで作ります。とてもおいしいのでパーティーの1時間後にはもう食べつくされているはずです。

#2 ヴィーガンスタッフィング


ヴィーガンスタッフィングは多くの種類がありますが、このバージョンは間違いなく最高です。お肉が大好きな人も騙せるくらい、お肉をたべているような料理です。

#3 フレンチオニオンタルト


重いフレンチオニオンスープではありません。このベジタリアンバージョンは、カラメルの様な玉ねぎとシェリービネガーとの風味豊かなタルトです。
 
 

#4 ヴィーガンベーコンとりんごのサツマイモ詰め


トーフーキーでないビーガン肉を使用します。このスモーキーなベジタリアンベーコンとリンゴをサツマイモに詰めた料理は、あなたが長年待っていたような料理です。ピーカンナッツやヴィーガンクリームチーズを添えるとより素晴らしい味わいになります。

#5 お肉を使わないミートローフ


このミートローフは普通のお肉のミートローフより深みがあります。サツマイモ、豆、マスタード、ニンジンなどの材料を混ぜて作っています。一度試したら、このミートローフにメロメロになること間違いなしです。

#6 チポトレとライムのカリフラワーステーキ


このカリフラワーのグリルのレシピは見逃せません。チポトレパウダー、パプリカ、コリアンダーで味付けされた、カリフラワーは素晴らしい味がします。

#7 ロースト野菜ガレット


ロースト野菜は、正しく調理されたら、ヤギのチーズと七面鳥よりもずっとおいしくなります。ローストした野菜をガレットで包むだけです。

#8 かぼちゃの貝パスタ詰め


焼ジーティーなんて不要です。かぼちゃと貝型のパスタに詰めて焼きます。上にチーズをかけなくても驚くほどクリーミーです。

#9 キノコとケールのかぼちゃ詰め


1人1つのカボチャ詰め料理は、写真映えするのでPinterestのサンクスギビングを盛り上げることが出来ます。キノコは、この料理に肉の風味を与え、ケールは、酸化防止の効果と素朴な風味を追加します。

#10 焼きカリフラワーとマンチェゴチーズのパイ


焼きカリフラワーとマンチェゴチーズのパイ
この二つの合わなさそうな食材は、ポットパイで見事な相性になります。さっとつまめる小さなパイは、家族の集まりの時に最適なサイドディッシュです。

#11 梨とエシャロットと瓜のスープ


梨とエシャロットと瓜のスープ
ここまで標準的な詰め料理を紹介しましたが、梨とエシャロットに詰め料理の要素を足すと素晴らしいスープになります。メープルシロップをちょっと加えてもおいしいです。

#12 ワイルドライスとファッロ小麦とオレンジのサラダ


オレンジはフレーティーさ、ワイルドライスの香りの繊細さが、この料理を革新的にします。

#13 ケールのクリームグラタン


ケールは確かに健康的ですが、肉食の人には苦手な人も多いはずです。しかしバターと生クリームと一緒にそれを調理するととてもおいしくなります。

#14 焼きパースニップのパンプディング


香ばしいパンプディングは、肉の詰め物に代わるおいしい料理です。ブリオッシュパン、タイム、とすりおろしたチーズの素朴な組合せです。

#15 ブロッコリーとゴートチーズのスフレ


この料理は子供時代のブロッコリーとチーズソースの記憶を呼び起こします。しかしゴートチーズの香りとふわふわの軽やかなスフレでエレガントさのある料理になっています。